女性の身体を知る

ウーマン

上手に生理と付き合う

女性の身体は非常に繊細で複雑に出来ています。10代前半から50代半ば頃まで1か月に一度28日前後を周期として生理が起こります。1回の生理は1週間前後なのでその間は出血を伴い女性にとっては不快な期間を過ごす事になります。生理期間中は多くの血液が失われるため貧血を起こしやすくなったり、生理痛などの腹痛や食欲不振を感じる人が多くいます。生理中に起こるこの様な症状を生理痛やブルーデー等の言い方で多くの人が知っていると思いますが、生理前にも体調不良を感じる女性は非常に多くいます。最近よく耳にする言葉でPMSと言う物があります。女性の身体はホルモンバランスによって不調や好調の波が起こりやすくなります。生理が終わってから排卵日までの1週間ほどは女性にとって身体が好調と感じられる時期と言われています。また排卵日を境として生理までの2週間ほどで体調不良を感じる人が多くいます。この時期に感じる体調不良の事をPMSと言い、生理前の体調不良の症状です。PMSの症状の多くは頭痛、吐き気、お腹の鈍痛、身体のむくみなど人によって様々です。この様なPMSの症状は生理が始まると治まる人も多く、生理痛よりもPMSの症状の方が辛いと感じる人も多くいる様です。女性のホルモンバランスの変化は年齢や環境やストレスなどによっても変化していきます。自分の身体を良く知って、症状が出そうな時に前もって対策を取る事でPMSとうまく付き合って行けると考えます。